4.png

viking201309_07.png
オスロ大学教授Jens Warhaug と
Foss Viking 社で共同開発されたダイヤモンドバー

viking201309_09.png

製品概要

用途

● 歯肉縁下のSRP
● 余剰の充填物、ボンディング材の除去

特徴

● 細長いネックで届きにくいところにアクセスが可能
● 細かい粒子

仕様

● 無負荷最高回転速度 40,000RPM

viking201309_13.png「フォスバイキング・ダイヤモンドバーは歯周外科処置、SRPにおいて必需品」
●骨縁下及び分岐部の届きにくい部分や器具の到達しにくい部分でも使用可能
●短時間で根面のデブライトメントが可能
●根面、根分岐部のクリーニング
●エナメルプロジェクションの除去
*詳しくは裏面( 当院で使用している臨床例) を参照
w_line.png
医療法人社団北欧会弘岡歯科医院(スウェーデン デンタルセンター)
東北大学大学院歯学研究科咬合機能再建学分野臨床教授
弘岡 秀明 先生

根分岐部病変に
フォスバイキング・ダイヤモンドバーW2 を
使用した歯周外科の臨床例

viking201309_17.png
1. 初期治療後根分岐部病変が16(右側第一大臼歯)に残存

viking201309_19.png
2. フラップの翻転後、手用スケーラーで根面のSRP

viking201309_21.png
3. SRP 後

viking201309_26.png
4. W2 を用いてエナメルプロジェクションの除去推奨回転数 500?1200RPM

viking201309_27.png
5. 根面のデブライドメントを行った。

viking201309_28.png
6. 根面の滑沢化に注目

viking201309_32.png
7. 遠心頬側根の分割

viking201309_33.png
8. 遠心頬側根の抜根

viking201309_34.png
9. W2 を用いてトンネル形成

術者:弘岡 秀明 先生
医療法人社団北欧会 弘岡歯科医院(スウェーデン デンタルセンター)
東北大学大学院 歯学研究科咬合機能再建学分野臨床教授 
上記記事は弘岡秀明ペリオコースの内容から抜粋したものです。

カタログ & ムービー

viking201309_44.pngpdf_Icon.pngカタログダウンロード


製品仕様

W1

viking201309_38.png

W2

viking201309_41.png
商 品 名 フォスバイキング・ダイヤモンドバー
W1 1 本入 標準価格3,800 円(税別)
W2 1 本入 標準価格3,800 円(税別)
医療機器届出番号:13B1X00133000047

1.png

dw.png